強がりでもいいじゃん前向きにいこーぜ。
日常に転がる小さなキモチたち。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ポップミュージック

 

小さい頃は毎日音楽番組があって

今流行りの音楽を聴いてはその歌詞の意味を

夢中で解読してた

 

ドライブと友達と恋人と

口ずさむお気に入りの曲があって

悩んだ時 部活の大事な試合の前 失恋した時

寝る前にベッドで 通学の電車の中で

良く聴いた曲があった

 

どれだけ支えられたことか

どれだけ涙を流したことか

どれだけ救われたことか

どれだけ楽しむことができただろうか

 

 

ありがとうポップスター

夢中にさせてくれて

貴女のお陰で頑張ることが出来た

貴女のお陰で諦めることが出来た

ターニングポイント

そこにいつも貴女は立って

背中を押してくれた

 

ありがとうポップスター

大声で歌った

車の中で歌った

カラオケの定番ソングだった

十八番ってもう古いだろうか

 

 

大切な僕を守ってくれた

大切僕なんだと気付かせてくれた

もうそこに君はいない

もうそこに貴女はいない

もうそこに僕はいない

けれど今の僕は当時を踏み台にして

大きく飛べる

大きく跳べる

大きく羽ばたける

 

 

 

懐かしさはパワー

苦しさを笑いに変えて

さぁ踏み出そう

やっぱり想い出はガソリン

一歩を踏み出す大きな力

過去は変えられない

変えられないからこそ

そのままで

輝きはそのままで

いつまでもそのままで

 

しがみつかなければ

僕はバネにして

遠くへ跳べる

 

 

 

ありがとうポップスター

あれだけ頑張った

あれだけ涙した

あれだけ苦しかった

そんな日々よ

今の僕の一部分になっているとしたら

人生は無駄なんかひとつもないと思う

 

さぁ踏み出そう

未知の道へ

僕は何にだってなれる

僕は誰にだって笑顔でいられる

 

 

さぁ踏み出そう

未知の世界へ

僕は何にだってなれる

僕は誰にだってありがとうと言える

 

 

 

 

------------------------------------------------

 

 2020.05.21 平井堅「POP STAR」とmush

 

------------------------------------------------

好きな色を聞かれたらそれはやっぱり青色

 

 

あの頃はって言って懐かしみ

なかなか前へ進めない大人にはならないぞ

思い出はガソリンじゃなく足かせ

僕を進ませるには少々邪魔になってる

 

 

大人ってそういうもんかな

戻れないものにしがみつく

戻ろうとして後悔をする

どうせなら航海がいいなぁ

 

 

懐かしい音楽を聴く

背中を押された歌

涙や悲しみを想い出す歌

無邪気だった自分に出逢える歌

場所や時代は違っても

直ぐにあの時に戻れる

その引き出しはずっと持っていよう

 

 

懐かしい写真を開く

切り取った瞬間に

その何百倍もの想いが詰まってる

死ぬほど頑張った時間

仲間と笑い合った時間

人生が変わるほど苦しんだ時間

挑み悩み恋した濃い乞い時間

 

 

この曲を聴くと想い出す

頑張った自分 許せる自分

これから想い描く自分

好きなもの 嫌いなもの 譲れないもの

全て包んで大人になってしまった自分に

持って行けばいい

 

 

-----------------------------------------------------------

 

 2020.05.20 MEG「Stars in the blue sky」とmush

 

-----------------------------------------------------------

amayadorimix

 

雨音を聞きながら部屋に一人

今日は耳を済ませよう

ブルーライトや外野の声ばかり

傍にいた気がしたから

 

 

ただ郵便物を待つ

便利なこの時代に幸せなアナログを

手紙なんて最近受け取ってなかった

短い言葉のやりとりに慣れて

少し心すり減ったかな

 

 

高い場所に登ったら風が強くて

見下ろす生まれ育った街

恩返しをしたいという気持ちで

純粋に駆け抜けたんだ

本当はもっと居たかった

ほんとは

ほんとは

 

 

過去にあるのは

地面ではなく引力だけ

未来の空を見上げて

現在の地面を

強く蹴るんだ

 

 

少しずつずっとを続けよう

 

 

 

地上から羨ましそうに見上げてたあの場所

登ったら案外簡単なことで

到達するかどうかは

やるかやらないかどうかだ

あとでとか大変そうとか

目で測るものと

踏み出して感じるものは

もしかしたら

違うのかも知れない

 

 

飛び込め現在に

若い頃の自分は言った

本当はやりたかった

本当はって

自分に失礼だ

ほんとは

 

 

過去にあるのは引力だけ

未来の空を見上げて

届くように

現在の地面を蹴って

大きくジャンプするんだ

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------

 

 2020.05.16 Shin Sakiura「ほんとは feat. Kan Sano」とmush

 

-----------------------------------------------------------------------

だから今を生きる

 

 

泥だらけのあぜ道を走る

もうそこらじゅうアスファルトになって

公園は遊べなくなって

僕らの自由は自分で選ぶようになってた

 

一日をただ一日を夢中で駆けまわった

今やりたいことをやって

今伝えたいことを

目の前の君に伝えた

 

 

「しっかり大人になってしまったな」君は言う

「すっかりの間違いじゃないの」僕が問うと

「もう元には戻れないっていう意味なんだ」と

寂しそうに君は言った

 

子供の頃に想い描いた大人より

随分しっかりしていないなって感じる

まだまだ子供な部分が多いって

でもそれでいいじゃないか

遊び心を青春を無邪気な自分を

抱え生きていくこと

それも人生なんじゃないの

 

 

汚れてしまった雑巾は

捨てられてしまうの

汚れてしまった心は

もう要らないの

汚れてしまった足跡を

ずっと背負って生きていくの

汚れてしまった過去は

そろそろ遠く深く

沈めてしまえばいいんじゃないの

 

 

どこかで臆病になって

どこかで慎重になって

どこかでまた起きるんじゃないかって

何も踏み出せないのが大人じゃない

 

 

失敗をしたって

悲しいことがあったって

涙を拭いて進むのが

大人なんじゃないの

 

 

チャンスはもう回ってこないかも知れない

目の前の人に見捨てられるかも知れない

愛する人は見つからないかも知れない

だから今を生きる

 

 

過去は捨てられないかも知れない

まだまだ背負って生きていくのかも知れない

もう償えないのかも知れない

だから今を生きる

 

 

今は今しかない

僕は僕でしかない

君は君の道を行く

だから今を生きる

 

 

 

 

-------------------------------------------------------

 

 活動再開の一歩。

 

 大人になってしまって。

 色々と、思う。

 

 感受性がなくなってしまったのか??

 

 とも、思う。

 

 

 

 あるいは、怠けじゃないのか?

 仕事の忙しさに負けて、

 ただ、逃げていただけじゃないのか?

 

 とも、思う。

 

 

 コロナの影響で、少し時間にゆとりが生まれて。

 

 

 実家に帰り、

 中学生の頃に書いていた詩集も読み返しました。

 

 

 どこかの歌の真似事のような言葉ばかりだったけれど。

 

 何か、自分の心や感じたことを伝えたい、

 僕ならもっ素直な気持ちを発信していける、

 

 そんな思いを感じました。

 

 

 

 まぎれもなく、

 

 自分の書いた言葉。

 

 

 しかも、

 

 

 超純粋な、14歳〜15歳の言葉。

 

 

 

 自分の根底に流れる川を、知りました。

 

 

 

 

 

 仕事が忙しくなっても。

 

 

 日常に紛れるような日々だったとしても。

 

 

 言葉を紡ぎ続けたい。

 胸を張って生きたい。

 

 

 

 そう思って、ずっとサイトやブログは続けてきました。

 

 

 

 

 なのに、こんなのでいいのか??

 

 待っていてくれる人はいないにしても、

 自分自身に対して、それでいいのか??

 

 

 

 そう自問自答しました。

 

 

 

 

 死ぬまで、言葉を届ける。

 

 

 

 そう誓ったあの頃の自分に、失礼じゃないのか?

 

 そんなに簡単に、曲げられる思いだったのか??

 

 

 

 青春

 

 

 

 その一言で、終わらせるつもりなど、ありません。

 

 

 

 

 強がりでもいいから、前向きに。

 

 そうすればきっと、本当に強くなれる。

 

 

 

 

 またここからスタートです。

 

 一歩一歩、進んでいきます。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------

 

 2020.5.11 King Gnu「白日」とmush

 

-----------------------------------------------------------------

 

青空

 

 記念日だから贈り物をするの

 それってただの義務じゃないの

 大切な人には

 会う度に何かを

 目に見えなくても何かを

 贈るのが愛なんじゃない

 

 

 昔の恋とか想い出して ちょっと切なくなって

 それで満足してたんじゃない

 いつだって自分を正当化して

 今の自分に君は要らないって決めつけて

 

 どれだけ傷つけた人がいたことか

 どれだけ寂しい思いをした人がいたことか

 どれだけ心に穴を空けたことだろうか

 

 自分が感じる傷より相手の傷の方が深い

 相当深い

 

 

 こんなに抜けた青空

 君に繋がってる晴れ空

 でももう君いない

 あの頃の僕もいない

 

 

----------------------------------------------------

 

 2020.05.03 aiko「青空」とmush

 

----------------------------------------------------

 

 

フザイヒョウ

 

人の想い

自分に対する想い

心がどれだけ敏感に

反応するかどうかだ

 

それは訓練によってではなく

日々どう気づき

過ごすかどうかなんだ

 

ある日届いた不在票

送り主を見てすぐに何か分かった

想いは届く

想いは必ずその人の心に届く

 

きっと貴女は大変な状況なのでしょう

けれども遠くの私を想い

届けてくれたのでしょう

その気持ちが荷物以上に

大きく見えて嬉しくて涙が流れて

 

また明日を強く生きようと思える

 

 

強く生きる

なりたい自分を想い描き進む

人の意見を素直に聞く

笑いと休息を忘れない

そして自分自身を貫く

 

 

 

先が見えぬ未来 それはいつも同じ

未来は僕らがつくるもの

どんどんと良くしていけるもの

思い通りに動かせるもの

 

 

きっと歴史上一番良くしていけるものなんだ

 

 

 

-----------------------------------------------------

 

 2020.5.02 サンボマスター「花束」とmush

 

-----------------------------------------------------

悲しく傷だらけの人生

 

綺麗とはキズひとつないことじゃない
その裏に汚れた過去や汚された出来事が詰まってる
苦労せずに過ごせた道はない
順風満帆で笑って意欲的だった日々は
そう続かなくて自分に足りないものを
突きつけられる日々だった
いらないことなどひとつもないから
そのひとつでも吸収していこうと思う
でも気を抜くとすぐに
元通りになってしまう自分もいて
人とは現状を愛おしく想うものなんだ
人生最大の失敗をして
もう元に戻れないんじゃないかと思う
それでも早く戻れよって言ってくれる人がいて
今は勉強だって言ってくれる人がいて
どんどん増えるその応援者に
応えるべく日々を重ねようって思う
受け身 事なかれ主義 平穏無事な日々
それが本当は良いのだけれど
それだけじゃ成長しない
困ったり 悩んだり 深夜まで考えたり
そういうものが未来の自分を作る
そう信じて この苦しい日々を
気づかない振りで 涼しい顔で そして笑顔で
過ごしてやろうと思うんだ
昨日は昨日 失敗は失敗
今日は今日でまた新しい日々で
前向きな気持ちで進んでいかなきゃ
損じゃない
もう這い上がれないと思う今日
きっとまた戻れると思う明日
風に飛ばされそうな日々も
やっぱり僕はあきらめずに
この道を行く
------------------------------------------------
 2019.10.15
 Official 髭男dism「ビンテージ」とmush
------------------------------------------------
ランニングパンツ

まさかこんな所で君に会うなんて

ゴールライン少し過ぎた所で

君は待ち伏せていた

 

ハッキリしない僕を

攻める責める君は

涙ながらに言った

「まだ好きなんですけど」

 

もう一度会う約束をして去ったけど

もう僕は会う気持ちはなかったんだ

ごめんね逃げて

ごめんね誘惑して

ごめんね期待させて

 

ハンドル片手に運転する僕が

情けないなぁ...

 

 

久しぶりに見た君の連絡先が

違う名前になっていて

嬉しいような取り残されたような

結局何もかも上手くいかないのが僕だ

結局何もかも決められないのが僕なんだ

 

 

僕を通り過ぎ去った人が

それぞれに幸せになってくればいいんだ

 

 

 

---------------------------------------------------------

 

 2019.05.08 Official 髭男爵「ニットの帽子」とmush

 

---------------------------------------------------------

ロングのダウンコート

好きなアーティストのニューアルバム

買おうと思って一瞬迷ったのは
君と一緒に居る時によく聞いてた
曲が収録されていたからだ
思い出すのが嫌じゃなくて
もう君と一緒に居られないと思うことが
少し寂しくて切ないからだ
ロングのダウンコートを着て
駅に迎えに来てた君を見ると
僕はすぐさま駆け寄ってた
君は腕組みをしてお疲れ様と言った
お別れの日は少し連絡を
取らなくなった5月のことだった
地元を案内して今の自分の気持ちを伝えて
だけどお互いの想う未来には違いがあって
簡単な電話の別れを迎えた
君と一緒に行った場所にばかり
新しいキミを連れて行って
偶然だとは思うのだけれど
思い出すのはそう君で
理想とか運命とかそういうのは
感じないけど思い出すのは何でだろう
ロングのダウンコートを着て
駅に迎えに来てた君を想い出すのは
嫌だなぁ嫌だなぁ
期待してた未来を想い出すのは嫌だなぁ
僕はすぐさま駆け寄ってた
君は腕組をしてお疲れ様と言った
------------------------------------------------------
 backnumber「チェックのワンピース」とmush
------------------------------------------------------
雨男デイズ

洗車してすぐ後にわか雨

地元に誘ってすぐ別れ話

左遷転勤してすぐ窮地

束の間の休みも心休まず

 

君と僕とは離れ離れ

ただ僕が決めれば

人生が大きく動くっていう事実は

変わらず 言われて 分かってる

 

逃げてきたのか避けてきたのか

決意する気もないのか

独りでいたいのか

言われ続けて 分かってる

 

ドアを開ければ土砂降り

街を歩き出せば小雨

上手くいってる感じで

そろそろ将来をって思った矢先に

失敗ばかりで

気を抜いてなんかいないと思うけど

人生うまくいかないもんだな

 

ドアを開ければ土砂降り

さっきまで晴天だったのに

何かをしようとすれば邪魔をする

まだまだ頭を使えよっていうことなのか

まだまだその時じゃないっていうことなのか

 

ただ僕が決めれば

人生が大きく動くっていう事実は

変わらず 言われて 分かってる

 

 

 

-----------------------------------------------------

 

 2019.3.26 backnumber「雨と僕の話」とmush

 

-----------------------------------------------------