強がりでもいいじゃん前向きにいこーぜ。
日常に転がる小さなキモチたち。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
そういえば
毎日少しずつ先送りしてる
明日いなくなっちゃうかもしれないのに
幸せってなんだろ
手に入れてみて
もっと他にいいものがあるんじゃないかって
探して手放して
その繰り返し

恋の山を越えてきた
現在進行形じゃないなら
あの山は嘘だったの
過去の積み重ねが人生なら
少しは足元頑丈になったのかな

お風呂の中 眠る前 独りでいる時
忘れてた傷みが口を開ける
ごめんなさいを素直に言えなくて
半分黒に染まった若き時代

そういえばそんなこともあったねって
笑い合える仲間たち
茶化しながらうるせーとか言いながら
そっとそこの風に流そう
明日は明日
明日は明日の僕になる

人の評価で大きくなるのが大人だ
人から慕われて人から頼りにされて
人と笑って人と一生懸命頑張って
また笑う
それがいいな

本当に望むことをしよう
笑顔になれることをしよう
そういえばそんなこともあったねって
後で大笑い出来るくらいに
苦しいほどその笑い声は大きく高く
明日の風に響くと思うから



--------------------------------------------------

 2016.05.10 小沢健二「ある光」とmush

--------------------------------------------------
 
スカート
昔聴いたCDを旅に出す
バイバイまたきっと
必要としてくれる誰かの元へ届きますように
部屋の掃除をすると
案外少ない物で暮らしてることに気づく
あれもこれも想い出はあるけど
何年も使ってないならしょうがないね
バイバイお陰でこんなに大きくなりました

大きくなったけど悩むことばかり
個性はプライドに変わり
分からないことを分からないって
素直に言えなくなってる

人が来るから迎えにいくよ
季節に合わせてちゃんとプレゼントも持っていくよ
選ぶその時間が楽しくて
やっぱり人は人の為に生きてるって思う

自分のことばかり考えてた
満たされるにはどうしたらいいかって
方法ばかり考えてた
そこに気持ちはなくて
人を想う気持ちがなかったんだ

誰かのプレゼントを選んでる時間
待ち合わせ場所へ向かう電車の中
これ好きだったよなっていう準備
喜んでくれるかなっていう不安

人は人の為に生きる
人は人を想う
その繋がりが温かい
その積み重ねが暮らしを作る



-------------------------------------------------------------

 2016.05.02 西野カナ「あなたの好きなところ」とmush

-------------------------------------------------------------
 
愛なの

生き辛く感じて歩く
苦労とか挫折とかじゃなく
今すれ違った人は毎日きっと
うまくいってるんだろうな

淋しい時に光って見えるのが優しさなら
苦しい時に見えず作用するのが愛なの
少し幸せを感じるようになった時
その愛の大きさに気づくのでしょう

輝き上がっていく時に集まる人より
落ち込みダメな自分を見ても
手をつないでくれる人に
今日は贈ろう
ありがとう

大人になるにつれて条件が増えて
誰かと一緒にいても
損か得かで考えるようになって
あぁ僕はそんな人間になってしまったのかって
子供の頃の僕に申し訳ない

楽しいことばかりあったら
難しいことひとつなかったら
生き辛く感じなかったら
そこに幸せはあるのかな

一緒にいたいと思うのが恋なら
一緒にいなくても一緒にいるみたいに
違う日々を過ごせるのが愛なの

頑張る君を想い負けないように
次会った時に胸張って笑えるように
過ごすのが愛なの

会えない時こそ綺麗でいるのが愛なの

それだけ深く深く
底の方で赤く赤く
繋がっているものなの

淋しい時に光って見えるのが優しさなら
苦しい時に見えずに作用するのが愛なの
少し幸せを感じるようになった頃
持ち上げていてくれてたのが君だと気づく
それが愛なの



-------------------------------------------------------------

仕事は大変。当たり前だけど。

でもいつまでも小手先でうまくやろうとしてる自分がいて。
そんなに仕事は甘くないって。
もっと真剣にやらなきゃって。

叱られ凹み、凹んでもやるしかないから
目覚めた次の日を、頑張るしかなくて。
休みもあまりなく、仕事の中で修正改善していく日々。

普通の人、それ以下の人は
行為に対する否定を、人格否定だと捉える。

優秀な人は、自尊心があり、指摘されても人格否定とは捉えず、
素直に受け入れる。

さぁ君は、どっちだ。


そんな中でも愛を感じることもあって。
苦しい時には見えずただ流れて、
少し浮き上がった時に、
少し前まで必死で支えてくれていたのは
その愛だったことに気づく。
気づいた時にはもう、その愛は消えて
日常で平然とした顔で過ごしてる。

君にありがとう。

好きとか嫌いとか、恋とか憧れとか。
そういうんじゃ、ないよね。

無条件の想い。



もう、いいかなって、思う。
そろそろ、いいんじゃないかなって、思う。



子供を産んで、優しい温かい声になった
宇多田ヒカルを聴きながら。



-------------------------------------------------------

 2016.04.19 宇多田ヒカル「花束を君に」とmush

-------------------------------------------------------
 


 
できるかは分からない でもそれを目指して行こう
部活や勉強に言い訳つけて逃げてた恋
全て上手くいかないと
全てに笑顔でいられない性格
困ったもんだそんなんじゃ
人生は笑って生きていけない

大人になってまたそんな状況
万事オッケーなんてありえない
皆それぞれ何かを抱えて生きてる
言いたくないことも沢山ある

君は悲しいこと辛いことを語ってくれた
名前の由来と共に
片割れの分まで生きる
できるかは分からない
でもそれを目指して生きていく

目の前の困難なんてちっちゃいもんだ
大体あの痛みなんて簡単に消えやしない
だから背負って歩いてく

君と出会ってから
痛みと共に生きてくことは
悲しいことなんかじゃないって思えた
もう逃げやしない
どれが正解か間違いか
一番分かってるのは自分だ
やりたいこと素直にやろう
できるかは分からない
でもそれを目指してやろう

全てが上手くいくなんてありえない
どっちかが上手くいかないから
あっちはやめちゃおうなんて
人生を歩くのはもうそれだけで大変

他人ばかりの世界
その他人の中で
たったひとりの応援団を見つけたよ
君を一生裏切ることは出来ない
そう思えたんだ


君は悲しいことを語ってくれた
僕も辛かったことを話した
飛ばしたらもう行こう
荷物を下ろしたらさぁ飛ぼう
できるかは分からない
でもそれを目指して行こう
僕には君がいる


---------------------------------------------------------

 2016.3.31 BUMP OF CHICKEN1「ray」とmush

---------------------------------------------------------
理想の人
JUGEMテーマ:日記・一般
会いたい気持ちは
未来を一緒に作りたいっていう証
どんな条件も当てはまらない
二人が良いと言えばそれで良いのです

今までにどんな人と相性良かったとか
何がきっかけでケンカしたとか
どうして別れちゃったのとか
この先どうするのかとか
とても気になるけどなかなか話せない

試されているのかしら
それともばっちり用意してくれてたのだろうか
この時点でもまだ迷っちゃいます

運命の人はある日突然現れるものなのでしょうか
ずっと一緒にいる人なのだから
この人だって教えてよ神様
友達は勝手にすぐに決めてるけど
本当にその人でいいの
友達はどんどん決めてくけど
本当にそれでいいの

まだかも
もう少し待ったら
もっと理想の人に出会えるかも
そう思って
まだ待ってる人もいると思うのです

会いたい気持ちは
慣れない気持ちで
いくつになっても緊張するものなのです
どのくらいの気持ちが詰まっていれば
相手に届くものなのでしょうか
この歳になってもまだ分からないでいます

条件は何なのでしょう
どうしたらこの人だと思えるのでしょう
周りと自分とこんなにも違うのは
どうしてなのでしょう

理想の人は一生現れないもの
友達は言ってた
どこかで妥協すればいいのですか
それとも直感に任せればいいのですか

友達にも質問はするけれど
未だに分からないでいます

目の前の君
現在はただそれだけを
見つめて生きていきます


-----------------------------------------------

 2016.02.23 SAWA「ららららっ!」とmush

-----------------------------------------------


自分に甘過ぎる 人の気持ちを考えてない
やりたいことをひとつも実現してない
胸倉掴まれたのは生まれて初めてで
どこに住んでも誰と一緒にいても
いつも同じ状況
これはもう自分だけが悪いのでしょう

昔住んだ街に来るとその時の自分を思い出す
今よりもっと素直で未来を見ていたなぁ
部屋を出たらまぶしくて
僕が寝てる間に街はもう動いてるんだって思った
今日は晴れ空
空が心を映すとしたら
きっと今からうまくいく

心地よいのが自分
歩いてきた道が自分
それを変えることは難しい
逃げても逃げても残るものがある
戻って捕まえてやっつけなきゃ
何も変わらない

君と一緒にいて
この街の空を見て
未来をどうしたいか分かった
いつもより空がキレイ
心を映す空がキレイなんだ

先延ばしにして
今じゃないこの人じゃないって思って
上手くいかないから逃げて
自分は正しいって思って
その結果が現在で
現在は楽しいですかって質問に
即答できる自信はなくて
上辺だけの心 そんなの伝わらなくて
先延ばしにしたって歳を取った自分に返ってくるだけ
余計に何もできないよ

今の問題は今の自分が解決しなきゃ
時は何もしてくれない
人は何もしてくれないよ

昔住んだ街に君がいる その時の自分を思い出す
今よりもっと素直でスポンジの心を持っていたなぁ
部屋を出る前に君にありがとうと言った
動きださなきゃ外の晴れも分からないと気づいた
今日は晴れ空
空が心を映すとしたら
きっと今からうまくいく

空が心を映すとしたら
きっと僕は
きっと今から
うまくいく



-------------------------------------------------------

1日を、自分のために使って。

ほんとはやらなきゃいけないこととか
やるべきこともあるんだけど

もう今日しかないと。
好きなことを詰め込む一日にしました。

会いたい人に会って。
行きたいところへ行って。
心のままに生きるということは、
こんなにも笑顔になれるモノなのか。

最近は、またここ数年の悪い流れの繰り返しで。
ちっとも反省は生かされていなくて。

もう自分が、嫌になる。
自分はダメなんだって、勝手に連呼してる。
罵声を浴びたとしても、その通りで。
まだ罵声を浴びるだけマシなんだって。

こんな35歳を。誰が。

でも今日は、一緒にいてくれる人がいて。
本当に救われた。

その人に恩返しじゃないけれど。
胸張って楽しいと言える、頑張ってるよって言える、
そんな日々を過ごさなきゃって。

大切なものは、人それぞれ。

この歳になって、まだなーんにも守るものはなくて。
責任なんて、背負えなくて。
達成意欲もなくて。
「やりたいことなんて、何にもないんだろ??」っていう問いに
即答できる強さもなくて。

今まで僕は、ずっと、自分をだましながら生きてきたのかも知れない。

ジブン否定。
一番しちゃいけないことなのかもしれないけど。
自分はダメな人間なんだって。価値のない人間なんだって。
そう思ってしまう出来事もありました。


そんなどん底の時に。
出会う人もあるものなのですね。



学生時代の頃の自分は。
部活が上手くいかないと恋愛を止めて。
部活に集中したいからと別れを決めて。
物凄く自分本位だった。

自分がどんな状況であっても。
ポーカーフェイスで周りに接することも必要だってこと。


正直どん底。本当にひどい始末。
自分でも、この歳でこんななのはダメだって分かってる。
だからって、周りのことを全て止めるわけにも、いかないんだ。


カンペキに。というわけではなくて。


どっちも頑張るってこと。


死ぬ気でやれば、なんだってできる。


頑張るから。俺、頑張るから。
見ててよ。未来を幸せで埋めるから。

10年後の自分って。
作品にもあって。
誇りに思えるような、カッコいい自分になれるようにって。
そんな言葉を書いてた。

ちょうどその10年後の。
テーマは「ジブンでカッコいいと思える自分。」


今年が勝負だから、攻めて、行動して。
それがダメだったら、なんて考えなくて。
やるか、やめるか。
ただ、それだけ。


今まで先送りとか、逃げとかで歩いてきた人生。
もういいだろ。
行動をしよう。
ありがとうとごめんなさいを口にしよう。
困っている人を助けよう。
人が求めていることを探って実行しよう。
自分で決めたことは、きちんと実行しよう。

ただ、それだけ。




温泉に浸かりながら、そんなことを考えていました。

改装中の温泉。
新しく、動いているってことだ。
変わらなきゃ、現状維持にすらならない。



変わらず澄んだ力強い歌声を響かせる、
矢井田瞳を聴きながら。




--------------------------------------------------------

 2016.3.22 矢井田瞳「MOON」とmush

--------------------------------------------------------
さらば東京
たった一度きり
もうそれから何もないけれど
会って話した事実だけ二人の中に残ってる

ゆりかもめお台場語ったあの夏
仕事終わってから飛び乗った新幹線
君の情報良く知らなかった

初夏の東京
初めて会う二人
寂しさを埋める為
未来を感じた二人
一期一会

早朝の仕事終わらせて
飛び乗った新幹線
まだ見ぬ君を想い進む
東京もまだよく分からず
君のこともまだよく分からず

待ち合わせゆりかもめ
揺れる中で知る君のこと
夢中で話すお互いのこと


たった1日だけ
たった数時間だけ
お互いの何を埋めたんだろう
ただ衝動のままに出会った二人
あの時のことは今も忘れない

たった1枚だけ
たった一瞬だけ
切り取ったものがある
ただ衝動のままに出会った二人
あの時のことはずっと忘れない


-------------------------------------------------

 2016.03.01 ケツメイシ「さらば涙」とmush

-------------------------------------------------


 
ちっちゃいな
昔好きだった女の子は
どんどん僕から離れてく
あか抜けたイメチェンで可愛い女の子になり
スーツ身につけた大人びた女性になり
ポニーテールの良く似合う大人の女性にになり
誰かを想う一人の女になり
その誰かの妻となり
いつの間にか愛くるしい笑顔の男の子の
強く優しい母となり

僕はその差を感じずにはいられなかった

昔好きだった女の子は
僕の何倍もの苦労と幸せを手に入れた
そして毎日僕の結構近くにいる

僕の悩みなんてちっちゃいな
くよくよしてないで行っちゃいな
会いたい人がいるなら会っちゃいな
涙はもう流れない
大人になるほど心の中で流れて
うつむき加減で苦笑い

気付けばこんな歳って笑い話
笑ってるだけで怖い現実
逃げてきた結果なこの道
もうこれ以上逃げ道などない
言い訳なんてしてていいわけない

振り返れば振り返るほど
今が強く胸に突き刺さる
苦くて痛い過去は誰にでもあるよ
それを抱えるか捨てるか脱ぎ捨てるか
それとも置き去りにして前を向くか

昔好きだった女の子は
生きがいだという今日を
胸いっぱいに感じて
毎日結構僕の近くにいる


-----------------------------------------------------

 2016.02.29 SAWA「チャイニーズは突然に」とmush

-----------------------------------------------------
スコーン


あってもなくても生きていけるけど
あれば暮らしがもっと楽しくなる
できたてのスコーンみたいに
みんなをふわっと幸せで包みたい

小さな夢はあってその道の途中
海外ドラマの合間に
お菓子作りとラッピングの勉強中

現実を見ると心は小さくなって
安全運転に切り替わる
そんな仲間が多いようにも映って
やっぱり夢をと思う日々

気付けばこんな歳になって
現実を見てた方が幸せだったんじゃないかって
思う日もある
けれど親友は言った
一度きりの人生
明日死ぬかも知れないんだから
好きな人に告白もできないでどうすんの

夢は好きな人の子供のお母さん
もうひとつはまだ言えないけど
誰かにそっと話しておけば
ふたつとも叶うらしい

鏡の前の自分に
絶対にやってやると
叫んだあの日を忘れない
そして今に続く道を
誇りに思うしこれからも
迷いはすれど転ぶなら前向きに
笑って進みたい

スコーンできたよ今日もカンペキ
誰かの日常をそっと笑顔で包みたい



------------------------------------------------------

ある人と出会って。

ちょっと、新鮮な空気がふわり。


僕も頑張らなきゃと思うのでした。


-----------------------------------------------------

 2016.2.9 大橋トリオ「愛で君は綺麗になる」とmush

-----------------------------------------------------

夢で君はキレイになる

 
なんてことない日常
人生は普通に生きれば普通で終わる
食べるために働くのか
働くために食べるのか
僕の今日はもうすぐ終わる

鏡の前のぞく顔は
昔と変わらないように映るけど
変わらなきゃいけない現実
そしていつの間にかこの歳になった
背負うものが多くなるかな

自分らしくとか年相応とか
求められるものが多くなって
僕が求めるものが得られなくなった
背伸びしたかったあの頃
若く見られたいこの頃

夢って言葉がこそばゆく感じる
追っていてはもうダメなんだって
現実を歩けと友は言う
敷かれたレールの上を歩けばいいじゃんって
でもそれでいいのか本当にいいのかって
そんな自分もいる

なんてことない日常
それを彩るのは僕だ
笑顔と希望に溢れ
人々を前向きにし
一緒にいて楽しいと感じ
可能性しか見えないと笑い
普通じゃない生き方してもいいよ
人のいうことは聞かなきゃいけない
でもそこに自分なりのやり方を見つけなきゃ
人生は楽しくならない

恋をしたあの頃の僕
毎日は輝き明日が待ち遠しかった
もしかしたらばかり考えてニヤついて
友達にこっそり打ち明けて笑った
そして友達の好きな人を好きになったりした

恋で僕はカッコよくなる
夢で君はキレイになる
メイクや服よりもずっと





--------------------------------------------------

詩は、久しぶりやね。

やっぱり歳を取るに従って
どんどん言葉が出なくなるというか
現実に惑わされて振り回されて
それどころじゃなくなるのかも

でもずっと続けるって若い頃に決めたから
また書いていきます。


------------------------------------------------------------

 2016.1.29 大橋トリオ「愛で君はきれいになる」とmush

------------------------------------------------------------